リウマチ治療薬は保険が適応外

リウマチは治療の難しい難病の一つといわれています。

原因不明の疾患と言われ、とても長い時間とお金が必要になると言われています。

関節や骨の傷みがあり、筋肉のこわばりが出るなどの症状が出る疾病と言われています。

リウマチ治療には最近良い薬ができているそうですが、薬による合併症や副作用も多く、投与には十分な注意が必要であると言われています。

私の知り合いも間接リウマチになり、大変な思いをしています。

発症して5年に成りますが、完治することは無く、月に一度は専門の病院に行き、検査を受けて、投薬を繰り返しています。

肺が悪くなったりして、よく効いていた薬が使えなくなり抗生物質の点滴治療に病院通いの毎日でした。

薬には保険が適応外であり、高額な医療費がかかるそうです。

病院も専門病院が遠くにあり、通院も大変なようです。

仕事も満足に出来なくなり、困っています。

現在は少し落ち着いているようですが、朝のこわばりなどは消えていないようです。

傷みが無いのが幸いと思っているようです。

最初は五十肩になったと思い、整形外科病院で治療をしていたのだそうです。

半年してもひどくなる一方で、整形外科病院でもらった痛み止めの薬も効かなくなり、困っていたところ、友人からゴルフの誘いを受けたのですが、腕が痛いからと断ったそうです。

すると友人が、自分の父親がリウマチであり、話の内容が良く似ているので、専門病院で検査をするように勧められたそうです。

血液検査で、はすぐわかるそうです。

病院も紹介してもらいすぐに言ったそうです。

検査の結果リウマチが進行しているとのことで、即、入院して治療をすることに成りました。

私も見舞いに行ったのですが、本当に痛そうでした。

何の病気であっても、そうではあるが、患った本人にしかこの痛みは判らないであろうと言っていました。

検査をしては本人に合う治療薬を合わせて行き短期間で症状が改善され、痛みが取れたそうです。

リウマチを治す薬は開発途中であるそうですが、症例に合わせて対応してくれる医師がそろっている病院で有名です。

サイトはこちらになります。

リウマチ治療にお悩みですか?